ごあいさつ2022年02月22日

※毎回この『ごあいさつ』、『見学者の方へ』、『アクセス』、3つの記事がトップにでます。

その他の新しいトピックは次の記事から更新されます。


桜井記念 視覚障がい者のための手でみる博物館です
その名の通り視覚に障がいをお持ちの方のための、全て手でさわっ
って『みる』ことのできる施設です。


※視覚障がい者とその家族、福祉や教育にたずさわる方などがメインですが、一般の方でもご紹介があればお受けします。また、触察や視覚障害を理解したいという方はお問い合わせください。


ゆっくりじっくりさわってもらうために、1グループ(個人)ずつの
完全予約制になります。ご希望のお日にちがありましたらお早めにご予約ください。


*当日予約はお受けできない場合があります*


*自宅の2階部分を開放しておりますので
20人程度が限度ですが、少人数での来館をお勧めしています*





連絡先

TEL  019-624-1133
FAX  019-624-1133
MAIL tedemil.morioka@mbf.nifty.com

謹賀新年2021年01月08日

謹んで新年のお慶びを申し上げます



旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
新年を迎え皆様のご繁栄をお祈りすると共に 本年も変わらぬご愛顧の程お願い申し上げます



令和三年元旦

特別非営利活動法人 視覚障がい者のための手でみる博物館
館長 川又若菜

※新型コロナウイルスの流行を考慮し、2月いっぱいまでは新規予約を休止しております。ご迷惑をおかけいたしますがご理解ください。

12月のお知らせ2020年12月03日

ハッと気がついたら12月、師走です。毎年この時期になると1年があっという間だったな〜と思うものですが、今年は時にそうですね。新型コロナウイルスの為に時間が止まってしまったような、そんな気がします。

47都道府県の中で感染者未確認県を最後まで守り抜いた岩手県でしたが、11月に入ってからクラスターも発生し、連日感染者が出ている状況です。お亡くなりになられた方を含め本日で216例となりました。

手でみる博物館も11月末にお迎えした栃木県立盲学校の修学旅行で年内の営業を終えました。12月、1月、2月の3ヶ月は新規のご予約を休止いたします。もともと冬季の見学者はほとんどおられないのですが、第三波を考慮しての決断です。

来年はもう少し明るい年になることを期待して、2020年残りの数週間を健やかに過ごしたいものですね。なお、月刊『視覚障害』の誌面にて「手で読む博物館」を連載中です。こちらもどうぞお楽しみに!!

今年も大変にお世話になりました、皆様のご愛顧に心より感謝申し上げます。それでは皆様どうぞ良い年末年始をお過ごしください。また来年〜!!!

9月のお知らせ2020年09月09日

あっつい!!いやー本当に暑い夏ですね!!所用で東京や神奈川に行くことがありますが、8月下旬の昼下がりの関東地方の暑さと言ったらもう・・・日差しが痛いし風は熱いし。それになんと言ってもマスクです。仕方がないとは言え、夏のマスクには言葉を失ってしまいますね。

今年は盛岡も本当に暑く、35度まで気温があがる日もありました。朝晩が涼しい事が助かった・・・と書きたいところですが、窓を開けても熱風で熱帯夜を記録する夜もあったくらいです。我が家は猫を飼っているので夏場は1日中クーラーをつけています。それでも寝苦しい夜がありました。まだまだ残暑が厳しい折です、皆さんくれぐれも大事にしてくださいね。

さて、この度「TBSラジオ赤江珠緒のたまむすび」にて本物の信号機を譲り受けるという貴重な体験をいたしました。木曜日パーソナリティーの土屋礼央さんがスタジオに持参し、引き取りさきをラジオで募集されていました。そこでメールにて希望を出したところ、なんとなんと手でみる博物館を選んでくださったのです。

1週間後に丁寧に梱包されて届いた信号機は予想以上に大きく、エアコン二台分はゆうにありました。何よりひさしの部分が長く、そのため奥行きが大変なことに(笑)現在、しかるべき場所に設置するために色々と工夫しているところです。皆さんにお披露目できるようになったらぜひ触察してくださいね!

8月のお知らせ2020年08月05日

★ 8月8日(土)から17日(月)まで夏休みで休館いたします★

長い長い長い梅雨が明けましたね、とは言っても北東北の梅雨明け宣言はもう少し先のようです。それでも8月に入ってから暑さが厳しくなりました。今年の夏は例年とは違う夏ということで、楽しい夏休みや旅行やバーベキューなども感染に気をつけながら・・・というようになるのでしょうね。

さて、岩手でも感染者が出ました。当館でも体調のすぐれない方はお断りをしたろ手指の消毒や換気などに気を付けて開館していますが、今後の感染拡大によっては制限や休館などもあり得るかもしれません、その際はホームページでもお知らせいたしますのでよろしくお願いします。

冷房をガンガン効かせていても換気のために窓を多少開けているのであまり冷えません。その中でマスクをつけたまま説明を続けていると、時に呼吸困難になりそうに(笑)打ち上げられた魚のように口をパクパクしてしまいます。学校の先生など授業をしたり、説明をしたりしている方たちもきっと大変な思いをしているかと思います。熱中症予防にも努めながら、人が少ないところでは適宜マスクを外しましょうね。

例年と違う夏ですが、夏は夏!!特に東北に住む者にとっては短い貴重な夏です。気を付けながら良い夏を過ごしましょう。

7月のお知らせと夏休みのお知らせ2020年07月02日

★8月8日から17日まで休館いたします★


※6月26日(金)にNHKラジオ深夜便にて「百聞は一触にしかず 視覚障がい者のための手でみる博物館インタビュー」が放送されました。2018年に放送されたものの再放送です。電話やメールなどで「聞いたよ!」とご連絡をくださった皆様、ありがとうございました。初めて聞いてくださった方もありがとうございました。明日7月3日までは聞き逃しサービスで聞けるようです。


7月になりましたね。ここ何日かは急に梅雨らしくなり、天気が悪い日が続いています。本来であればオリンピックが始まるはずだった訳ですが、今やすっかり、「あぁ、そんなこともあったね」という感じです。来年に延期になりましたが果たして出来るのでしょうか。この数日は新型コロナウイルス感染者もぽつぽつと増加傾向で、withコロナという事ですが治療法の発見まではまだ時間がかかりそうです。わたしの従姉妹は関東の医療従事者で最前線におり、4月あたりからほとんど家に帰らず、近隣の宿泊施設に滞在しています。患者がいなくならなければ家に帰れない過酷な状況の中で頑張っています。私たちもできる予防に努めて罹患しないように気を付けましょう!!


当館でも予防に努めて開館しておりますが、体調のすぐれない方はご遠慮ください。また、来館者名簿をつけておりますので来館の際はお名前、ご住所、ご連絡先などの記載(代筆いたします)をよろしくお願いします。

再開のお知らせとコロナウイルス対策へのお願い2020年06月02日

皆様

新型コロナウイルスの流行に伴い3月半ばより休館しておりましたが、少しづつ落ち着いてきた様子を考慮して6月より手でみる博物館の見学受付を再開いたします。

今後しばらくの運営方針といたしましては、手指の洗浄と消毒、三密の回避、マスクの着用、連絡先の明記など公的施設と同等の対策を考えております。とは申しましても、例えば三密の回避にしても手でみる博物館の性質上なかなか難しい事もあり悩ましい問題です。

展示物については消毒できるものとできないものがあり、それゆえに見学前後にお客様自身の手指の洗浄・消毒をお願いいたします。


視覚支援学校などでも理療科の実技は無し、またネットでの授業の進め方に悩んでおり、「触察」を用いない教育に頭を抱えているという話も聞いております。≪百聞は一触にしかず≫というテーマを掲げ、触察を主軸にしてきた当館です、自分たちやお客様の健康を守りながら、≪様々なものを実際にさわって理解することができる場所≫の扉は開けておきたいと思っています。わたしも皆さんも「これはどうだろう?」と手探りしながらの新しい生活、なのだと思います。どうぞお気軽にお問合せください。

今後も新型コロナウイルスの状況や世の中の動きなどを注視しながら、その時々に応じて対応していきます。ご協力よろしくお願いいたします。


館長 川又若菜