ごあいさつ2022年02月22日

※毎回この『ごあいさつ』、『見学者の方へ』、『アクセス』、『見学時間の目安』の4つの記事がトップにでます。

その他の新しいトピックは次の記事から更新されます。


桜井記念 視覚障がい者のための手でみる博物館です
その名の通り視覚に障がいをお持ちの方のための、全て手でさわっ
って『みる』ことのできる施設です。

ゆっくりじっくりさわってもらうために、1グループ(個人)ずつの
完全予約制になります。

ご希望のお日にちがありましたらお早めにご予約ください。

*当日予約はお受けできない場合があります*



自宅の2階部分を開放しておりますので
20人程度が限度ですが、少人数での来館をお勧めしています。




※視覚障がい者とその家族、
福祉や教育にたずさわる方などがメインですが一般の方でも視覚障害を理解したいという方などお受けいたします。お問いあわせください。




連絡先

TEL  019-624-1133
FAX  019-624-1133
MAIL tedemil.morioka@mbf.nifty.com

見学時間の目安2022年02月22日

※毎回この『ごあいさつ』、『見学者の方へ』、『アクセス』、『見学時間の目安』の4つの記事がトップにでます。

その他の新しいトピックは次の記事から更新されます。




『どのくらいかかりますか』
『どれくらい時間をとればいいですか』



という質問をよくされます。これは人それぞれなのですが、一般的に視覚障害者の方は手でみるので時間がかかります。逆に見える方はすぐ見終わってしまうかもしれません。

基本的にはお客様の希望や前後の予定によりますが、以下に目安となるコースを考えましたので参考にして下さい。


まずは午前中(9時〜12時)か午後(13時〜17時)か選んでください。


★1時間コース
★2時間コース
★3時間コース
★4時間コース



上記はあくまでも目安です。細かい時間設定は予約の際に承ります!
初めての方とリピーターの方では見学内容も多少変わります。
参考にしてみてください。

4月のお知らせ2018年04月02日

四月です!


ずいぶんと冷え込んだ冬でしたが、ここにきて急に気温があがりましたね。季節の変わり目ですが皆さんお変わりないでしょうか。仙台では桜が咲き始めたようですが、盛岡の桜はまだ開花宣言が出ていません。今月中旬から下旬あたりが見ごろなのではないでしょうか。


この手でみる博物館が移転し、わたしが館長になってから七年目を迎えます。とにかく何が何でも十年は頑張ろうと決意してから気が付けば七年です。小学校を卒業して中学校に入学するような気分でしょうか。(え?そんなことないですか?)どんどん外に出て、色々なものを学び吸収していきたいと思っています。飛行機嫌いを克服して、いつかはルーブル美術館・・大英博物館・イタリアのボローニャにある手でさわる美術館に行くのが夢です。

三月のお知らせ2018年03月01日

春の嵐、ですね。盛岡も今日は朝から雨ですが、明日の予報は暴風雪。それでも気温はだんだんと上がってきていますし、日も伸びてきました。三寒四温と言いますが春まであと少し!!(た、たぶん)

最近外国人とのコミュニケーションとをとる機会が何度かあり、その度に語学の必要性を感じます。日本語でのコミュニケーションが可能な外国人だったのですが、わたしも英語くらいはマスターしたいなぁと。英語学科だったり国際学科だったりしたので当時はかなり出来ていたと思います。が、十年以上も経ち、いまや全然・・・。発音と度胸位しか残っていません。

夢は大きく博物館の一般的な説明は英語でできるように。って、大きな夢だな、我ながら。母語でもある日本語もですが、わたしの考える語学はツールとスキル。さびついた頭を働かせてがんばります。

さて、3月11日は東日本大震災が起きた日です。
被災地の人間であれば、自分の家族でなくても、友人・知人、またはその家族や知り合いを亡くした経験があるのではないでしょうか。わたしにも家族を亡くした友人がいます。それぞれにとって心の平穏を保つのが難しい三月ですが、どうかどうか乗り切って春を迎えましょう。

                                        わ

新しい展示品:うさぎ2018年02月06日

新商品が入荷しました~、という感覚ではないのですが・・・。
今年は新しい展示品が入ったら、できる限りご紹介していきたいと思っています。

今回はウサギです。

ウサギなんてみんな知っているし、普通にいるし、触れるし!!
そうお思いの方が多いのではないでしょうか。でも、これが意外と知ってはいるけれど触ったことがない、触る機会もあまりない、そして小学生くらいだと生きているウサギは怖くて触れない、ことも多いのです。

それならと懇意にしている剥製屋さんに連絡をしたところ、
なんとウサギは無いと。ある意味、当たり前すぎるので需要がないのでしょう。


地元の猟師さんに相談したとこと冬であれば捕れるよとのことだったのでお願いして待つこと半年以上、ようやく手に入りました。
剥製屋さんに送り、立派な剥製になって、博物館に帰ってきました。


冬毛なので真っ白でふわふわ。けっこう大きめです。
ウサギといえば耳が長いと言いますが、耳はイラストや絵でかかれるほど長くないという事がよくわかりますよ。

2月のお知らせ2018年02月05日

 二月のご挨拶が遅れて申し訳ありません。恥ずかしながら 風邪をひいて寝込んでおりました。年末年始から忙しく、週末は公私問わず予定が入っており、そんなところに強烈な寒さ・・・いつもは元気なわたしですが とうとうダウンしてしまったというところです。38.5℃の熱を出したいへんにしんどい思いをしていました。ようやく回復してきました。やはり人間には心身ともに休息する時間が必要なんだと、あらためて感じた次第です。 

 年明けから、月刊『視覚障害』へ森の探検隊についての寄稿、IBCラジオでの生中継など、様々な機会で博物館を紹介することができ、嬉しく思っています。必要な人に情報が届く事、触察の可能性が広がっていくこと、相互理解の場につながる事、など夢はたくさんありますが地道に取り組んで参ります。

 地道という言葉が1番似合わないような私でしたが、人間かわるものですね。変わるものと変わらないもの、どちらも大事にしていきたいです。


                                           わ

謹賀新年2018年01月01日



旧年中は格別のご厚情を賜り 厚く御礼申し上げます
平素のご愛顧を深謝し 本年も相変わらず よろしくお引き立ての程
お願い申し上げます