ごあいさつ2022年02月22日

※毎回この『ごあいさつ』、『見学者の方へ』、『アクセス』、『見学時間の目安』の4つの記事がトップにでます。

その他の新しいトピックは次の記事から更新されます。


桜井記念 視覚障がい者のための手でみる博物館です
その名の通り視覚に障がいをお持ちの方のための、全て手でさわっ
って『みる』ことのできる施設です。

ゆっくりじっくりさわってもらうために、1グループ(個人)ずつの
完全予約制になります。

ご希望のお日にちがありましたらお早めにご予約ください。

*当日予約はお受けできない場合があります*



自宅の2階部分を開放しておりますので
20人程度が限度ですが、少人数での来館をお勧めしています。




※視覚障がい者とその家族、
視覚障がい者支援、福祉にたずさわる方などがメインですが一般の方でも視覚障害を理解したいという方などはお受けすることにしています。是非お問いあわせください。




連絡先

TEL  019-624-1133
FAX  019-624-1133
MAIL tedemil.morioka@mbf.nifty.com

見学者の方へ2022年02月22日

※毎回この『ごあいさつ』、『見学者の方へ』、『アクセス』、『見学時間の目安』の4つの記事がトップにでます。

その他の新しいトピックは次の記事から更新されます。




開館時間
9時~17時(冬季は16時)

見学の流れ


事前に予約をお願いしています。
メール、TEL、FAXのどちらかでお願いします。



見学時間は個々ですが、だいたい1~3時間程度、
人によっては半日の方もおられます。
目安を聞かれることが多いので…コースをご案内します。

まずは午前中(9時〜12時)か午後(13時〜17時)か選んでください。

★1時間コース
★2時間コース
★3時間コース
★4時間コース

※それ以上はご相談ください

初めての方とリピーターの方では見学内容も多少変わります。
できるだけ希望に添いたいと考えていますのでご相談ください。



展示物はすべてさわれます。
その際はスタッフがおおまかな説明をいたします。

ご希望の方には点字もしくは墨字の資料をお送りします。
お気軽にお問い合わせください。





☆☆☆見学される方には次のことをお願いしています☆☆☆

① 二階になりますので、手すりはありますが足元にご注意ください

② 清潔な手で触察してください

③ 爪はなるべく切って、やさしく触察してください

④ 荷物等は置いて出来るだけ両手を自由に使えるようにしてください

⑤ ひとつでも多くのものを触察し、世界を広げてくだされば幸いです

見学時間の目安2022年02月22日

※毎回この『ごあいさつ』、『見学者の方へ』、『アクセス』、『見学時間の目安』の4つの記事がトップにでます。

その他の新しいトピックは次の記事から更新されます。




『どのくらいかかりますか』
『どれくらい時間をとればいいですか』



という質問をよくされます。これは人それぞれなのですが、一般的に視覚障害者の方は手でみるので時間がかかります。逆に見える方はすぐ見終わってしまうかもしれません。

基本的にはお客様の希望や前後の予定によりますが、以下に目安となるコースを考えましたので参考にして下さい。


まずは午前中(9時〜12時)か午後(13時〜17時)か選んでください。


★1時間コース
★2時間コース
★3時間コース
★4時間コース

※それ以上はご相談ください



上記はあくまでも目安です。細かい時間設定は予約の際に承ります!
初めての方とリピーターの方では見学内容も多少変わります。
参考にしてみてください。

アクセス2022年02月22日

※毎回この『ごあいさつ』、『見学者の方へ』、『アクセス』、『見学時間の目安』の4つの記事がトップにでます。

その他の新しいトピックは次の記事から更新されます。




住所 〒020-0817 岩手県盛岡市東中野字五輪7-1

TEL 019-624-1133
FAX 019-624-1133

盛岡駅から約3.5キロ
タクシーで10~15分になります

岩手中央タクシー
0120-05-8686

平和タクシー
019-624-5151

太田タクシー
019-659-0071

わかりにくい場所にありますので
タクシーにお乗りの際は

『見石の方の東中野です』

(※東中野町という場所もそばにあり、そちらにむかってしまう方もいるようです。ご注意ください。)

『杉土手をまっすぐに行って簗川橋を渡ります。
渡りきってすぐ左の土手沿いに入り、すぐ右の坂を下ります。そこから
150mくらいで右手に黄色いアパートが見えて来ます。その先の大きな木がある十字路までお願いします』

とお伝えください。

もし迷ってしまった際は当館にお電話ください



お車でお越しの場合は駐車場の件、事前にご相談ください
また、ナビで来られると少し先に案内されますのでご注意ください


地図↓

http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E141.10.9.8N39.40.51.4&ZM=9

3月のお知らせ2017年03月02日

3月になりました。少しづつですが気温も上がり雪もとけている盛岡です。私事ですが、昨年12月に姪が生まれました。不甲斐ない姉にはできた弟がいるもので、両親に孫をみせてあげるという偉業を成し遂げたわけです!!

そんなわけで、30年ぶりにわたしの雛人形を飾ってみているのですが、これが大変です。当時にしては大きすぎる七段飾りなのですが、なにせ引越しで封印したまま30年です。説明書をみながらああでももないこうでもないと大騒ぎです。烏帽子、弓、太刀、扇・・・ありとあらゆる装飾品や道具を定位置に置かなければいけないのですが一日がかりとなりました。今では七段飾りなんて流行らないのかもしれませんが、豪華な雛人形を見て贈ってくれた祖父母の愛情をしみじみと感じました。(祖母は九六歳で、わたしの晴れ姿を見るまでは死ねないと頑張ってくれています)

年度末ということもあり忙しい日々が続きますね。あっという間に四月になってしまうのでしょうか。寒暖の差、皆さまお気をつけくださいね。

                                      わ





※3月24・25・26日は研修のため休館になります。


※11月~3月までは冬季営業になり、
閉館時間が16時半となります。どうぞよろしくお願いいたします。

博物館について2013年02月25日

視覚障がい者のための小さな博物館です

後に『これまでのこと これからのこと』でもふれますが、

名誉館長でありわたしの師匠でもある桜井政太郎先生が

1981年より触察の世界を求めて開いてきたものです

ここでは桜井先生が大切にしている考えを御紹介したいと思います


知るということとわかるということは違います

視覚障がい者にとっては自分の得た知識は自分なりに

想像の世界にあり、それが正しいかどうかの確認が非常に難しいといえます

視覚に障害がある者が、想像の世界にある自分の知識を触察することで明らかにする・・・

想像の世界から一歩でも二歩でも前に踏み出す力になれればと考えています

『百聞は一見にしかず』、とはよく言いますがここではそうはいきません

『百聞は一触にしかず』というのが視覚障がい者の理解の仕方だといえます


この博物館では桜井先生が神秘に感ずる、『宇宙・生命・文化』の3つを柱に

テーマ別に分かれています

触察を通して知識は必ず明らかになります

そして実体験として『見たことがある』と自信を持って言えるようになるのです

一人でも多くの視覚障がい者が、触察の世界に持ち、

生きた知識を広げてくださることを願っています

沿革2013年02月25日

正式名称
桜井記念 視覚障がい者のための手でみる博物館

※運営はNPO法人 視覚障がい者のための手でみる博物館

通称
桜井博物館 及び 手でみる博物館

設立年月日
平成23年8月18日

開館日
平成23年7月16日

住所
岩手県盛岡市東中野字五輪7番1

電話番号
019-624-1133

FAX番号
019-624-1133


理事長
川又 正人

館長
川又 若菜

名誉館長
桜井 政太郎